偏頭痛の薬として歴史を持つハーブ・フィーバーフュー | KEKO GARDEN

偏頭痛の薬として歴史を持つハーブ・フィーバーフュー

子どもの頃から頭痛に悩まされることが多い私…
頭痛の回数をとにかく減らしたい、できることなら薬の服用回数を減らしたい
常々そんなことを思っています
そんな偏頭痛持ちの私の目にとまった頭痛サプリメント ズキガード
この度モニターをさせていただくことになりました

なぜズキガードを試してみたいと思ったか?
それは30歳を過ぎたあたりからどんどん頭痛の回数が増え、今も頭痛と闘う日々を送っているからです
頭痛外来にも通っており、自分の頭痛の特徴も以前よりだいぶ把握できるようになってきました
私の頭痛は片頭痛と緊張型頭痛の混合タイプです
目の前がチカチカしたり、生あくびが出たり、首や肩がひどく痛んだり、そんな予兆は見逃さないようにしないと大変なことになりま。
また、月経の前あたりから月経中は特に痛みが出やすいです
その他、ストレスや寝不足が続いているな~という時、気圧の変化はすぐに頭痛に影響します

それだけわかっていても、仕事と家事の両方をこなす毎日の中では なかなか頭痛の回数は減ってくれません
…かといって、あまり薬に頼りすぎるのも薬物乱用頭痛になっているのではないか?と不安になったりもします
そのような理由から、天然ハーブの力 ズキガードを試してみることにしました

ズキガードとは?

ズキガードは偏頭痛を緩和、予防するハーブとして知られるフィーバーフューで作られています
フィーバーフューはナツシロギク(夏白菊)という白い綺麗な花が咲くキク科の植物
古代ギリシャの時代から偏頭痛や関節の痛みなどに効き目があると知られ利用されていたようです
ズキガードにはこのフィーバーフューの他にも
3粒(900mg)当たり、カルシウムは45.21mg マグネシウムは90.41mg が配合されています

フィーバーフューやマグネシウムはなぜ偏頭痛に良いのだろう?
自分なりに少しだけ調べてみました

フィーバーフューの何が良いの?

フィーバーフューに含まれるパルテノライド
パルテノライドは偏頭痛を起こす原因となるセロトニンの放出を抑えてくれ
偏頭痛の予防や痛みの抑制に働いてくれるようです
このパルテノライド、0.2%以上だと良いとされているところ、ズキガードには0.7%配合されています

マグネシウムと偏頭痛の関係は?

マグネシウムはセロトニンの合成材料であり、マグネシウムが不足すると偏頭痛を引き起こす原因となるようです
また頭痛の多い人は、血中や脳内のマグネシウムの値が低いといわれているそうです

体内のマグネシウムが不足すると。。。
自律神経が不安定になりリラックスしにくい状態を招く
筋肉は緊張した状態が続く
この筋肉が収縮した状態が続き 神経が過敏になるため痛みも感じやすくなる
月経時に頭痛がひどくなる
また慢性的なマグネシウムの不足は、だるさや食欲低下、腹痛、下痢、便秘などにもつながるそうです

マグネシウムはかなり意識して摂取しないと、不足がちになるようです
そして体内のマグネシウムはストレスによっても激しく消費されてしまうとのこと

粒の大きさはこんな感じ

ズキガードを実際に飲んでみました
粒にはラムネみたいな粉っぽさがあります
口に入れた時にも一瞬「ラムネ?」と思うような感覚が…
フルーツの香りがほわ~っと感じられ、飲みやすかったです
この香りの正体はりんごだったようです

粒の大きさを比べてみました
左がズキガード、右が普段飲んでいる市販の胃腸薬の錠剤です
大きさはほぼ同じ 粒の厚みが若干胃腸薬よりズキガードの方が薄かったです

試しに口に含んでからすぐに飲み込まずにいたら、苦い味がしみ出てきました
やはり、すぐに水で飲み込むべきでした…

感想

ズキガードは1袋90粒入っています
1日当たり3粒程度を目安にお召し上がりくださいと書いてあります
私は日中、介護の仕事をしているので昼間はなかなか飲めず、朝と夕方に飲むようにしています
まだ3週間くらいしか飲んでいませんが、今のところ頭痛の回数は減ってきています
しかし先日、ちょっと疲れと睡眠不足が重なり、さらに排卵日だったと思われる時に 重い片頭痛が襲ってきました
マグネシウムが不足しすぎていたのかもしれませんね…
こうした大きな頭痛発作はありますが、それ以外の時は結構 頭がスッキリした感じはありますよ
これからもズキガード 頭痛予防に飲み続けてみようと思います

オンラインショップはこちらから

ズキガードは1袋90粒で約1カ月分
通常価格は3400円
初回限定価格は1980円

嫌な回数しばりナシ、継続義務もナシ

偏頭痛に苦しんでいる方、眼精疲労のある方
お気軽に試すことができます

ご購入はこちらから >ズキガード



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする